産後のぽっこりお腹

box_top_02

ぽっこりお腹の一番の原因は、骨盤の傾き。

このような方へ

  • 体重が戻らない。
  • 食べている訳ではないけど、あと1~2キロが減らない。
  • 体重は戻っているけど、下っ腹がぽっこりしている。
お腹ぽっこり

産後骨盤矯正は、すべてのお母さんのため

  • 子供を抱っこし、腰から上が後ろにそりやすくなります。
  • 長時間、回数重ねることで背骨が歪みます。
  • 歪んだ背骨に骨盤が合わせて歪みぽっこりお腹になります。
産後骨盤矯正は産後直後のお母さんにだけでなく、育児をするすべてのお母さんのためのことなのです。
骨盤のうしろに仙骨と言う骨があります。仙骨は背骨の一部で、骨盤が前に倒れると、背骨のスタートラインが前に傾きます。そうすると腰の骨というのは、前に傾いているから、そのままだと倒れちゃうので後ろに反ろうとするんです。反ろうとするから、お腹がぽっこりと前に出るんですよ。極端に言うと、お辞儀をしたような状態で、顔を上げているようなものですね。その時に、背骨から骨盤と脚の骨についている腸腰筋(ちょうようきん)や太腿四頭筋(だいたいしとうきん)などの筋肉が引っ張っています。そこが問題なんです。

産後は座っている時間が長いとか、抱っこをしていても動きが少なく、筋肉が同じ緊張を保つので短縮しやすい状況がうまれます。子供を抱っこする時って真っ直ぐに持てませんよね。腰骨とか胸に乗せるので、結果的にお腹を前に出す姿勢になり、腹筋の下の下腹部が出てくるんです。出産で皮膚が伸びるというのもあるんですが、それは時間とともにある程度は戻るので、ぽっこりお腹は産後だからというよりは育児が大きな原因ではないかなと思います。

なので、産後の骨盤矯正は出産直後のお母さんだけに必要なものではなくて、子育てをしている方みんなに必要なものだと考えています。

ぽっこりお腹

産後太りの原因

  • 産後太りの原因で多いのは、夜中の甘い物による偏食
  • 偏食は、ストレスから
  • 産後骨盤矯正で自律神経が整い痛み、疲れが取れます。
  • ストレスが取り除かれ、偏食が減り代謝も良くなります。

産後で太るのは、育児によってストレスを感じ、それを食べ物で発散させているということがあると思います。朝・昼・晩、3食きっちりは食べないけど、夜中に食べるとか、甘いものが手放せないとか。育児が大変な中、手軽なものを選ぶことも必要なことだと思いますが、たまにのご褒美が毎日のご褒美になって積み重なっている。こんなこと当てはまりませんか?「私、あまり食べないんですけど」という方でも、よくよく話を聞いてみると偏食なことが多いです。

でも結局のところストレスの原因は、育児による体や心の疲れですよね。産後骨盤矯正でお手伝いできることは、痛みや眠れないなどの体のつらさを取り除いたり、自律神経の乱れを整えることで質のいい睡眠へ導いたり、ということです。体を整えることで精神的なストレスも取り除き、さらには予防するという効果があります。ただ食べなければいい、なんて言われてもストレスはたまる一方!見た目を改善したいということがきっかけで始められた方も、体がすっきりすることでイライラが減り、そのことで食生活へ目を向ける余裕が出てきたとおっしゃっていました。産後はそんなもの…、そのうち…、と決めつけずに、悪循環を早く断ち切ることが、楽しい子育てにつながっていくのではないでしょうか。

甘いもの
体重計
ー院のご案内ー
スマイルデイズ
〒731-0113
広島県広島市安佐南区
西原8-9-23恵美寿マンション103
  • 駐車場完備
  • お子様キッズルームあります。14時まで
  • 半個室4部屋